2014年6月28日土曜日

ゲームクリア感想36:フロントミッション2089 ボーダーオブマッドネス


・フレデリックにミサイラーの適正を見出す
・20周くらいしてやることが無くなり、補給車を育成する
・1,3,4はどれも10周はしている

 などが私の父親による初代フロントミッションのやりこみなのですが、DSの今作もいつの間にかプレイしていたようで、借りて遊びました。
 家にいる時は据置機を優先して遊ぶため、携帯機は主に移動中に遊ぶのですが、寝落ちしたり満員電車でゲーム機を開く余裕が無かったりとなかなか進まず、約一ヶ月かけてクリアしました。
 これでシリーズ未プレイはオルタナティブ、オンライン、エボルブとなりましたが、オンライン以外は容易に入手できるので、熱のある内にもう一作くらい手を出すのもいいかななどと考えています。

プレイ時間は約21時間。


【良かった点】
  • 過去作の良い所取りなシステム
戦闘・移動・メッセージの早送り、3に次ぐボリューム、柔らかい敵、長すぎず短すぎない1ステージと、過去作の問題点を解消して遊びやすくなっています。
 SRPGと携帯機の相性の良さは散々言われていますが、フロントミッションも例に漏れず。とにかくサクサク進みます。

 やはり(リンクシステムが前提だとしても)4と5は敵が硬すぎましたね。
今作は今作で、主人公機にショットガン二丁持たせて敵地に放り込めば万事OKなので極端ですが。 SRPGってこういう極端から極端に振れる例が多い気がします。

過去作の良いとこ取りでサクサク進むSRPGというと……?

  • 意外に多いボリューム
予想の3倍はありました。やることはセットアップと戦闘くらいですが、長く楽しめると思います。


【気になった点】
  • セットアップ画面の使いにくさ
特にパーツ購入が最悪で、威力や種類がごっちゃで並んでいるため、新しいパーツなどを探すのに、リストを一つ一つチェックしていかないといけない。ソート機能はあるものの、使うと更に解りにくくなる始末。セットアップの面白さもこのシリーズの肝なのにこれは痛かったです。せめて「New!」みたいな表示があるだけでも違ったのですが。

  • ステージ構成や音楽にほとんど変化がなく単調

 フロントミッションでマップの使い回しは見たくなかった……

また、過去作のBGMが流れるのは良いのですが、戦闘前後の短い会話シーンで少し流れるだけなので物足りないです。普通にステージBGMで流せばいいのに、実際流れるステージBGMはなんと最初から最後まで一曲だけ。音楽に変化がないだけでこんなに単調になるとは。

  • 補給車の配備が遅い
中盤過ぎてからようやく配備されます。リペアバックパックに至っては店頭に並ぶのが終盤。無ければ無いでも進められるけど、補給が出来ないせいでミサイラーは熟練度が上がりにくくて弱いまま進んでしまうのがネックです。

  • 長い割に盛り上がらないシナリオ
動きがあるのは中盤を過ぎた辺りで、それまでは淡々と進むます。初代をやっていると真相を把握しているので、長々と引っ張られても……という気持ちすらも消化不良を通り越して未消化のラストで吹っ飛びます。
 終盤の駆け足展開で嫌な予感はしていましたが、1の未だ語られるシナリオや、3で進化したシステムとボリュームの両立を成し遂げたシリーズとしては悲しい。

  • 敵味方ともに魅力の乏しいキャラクター
敵も味方もマッドネスどころかやたら物分かりがよく、葛藤とか苦悩とかそういうものが全く感じられない。
 敵幹部も数だけは多いのですが、ただでさえテンプレートみたいな造形なのに登場したそのステージ(か次のステージ)で退場するので記憶に残らず。
 キャラクターデザイン自体は好みなので勿体ないですね。

  • 闘技場の存在意義
まず金に困ることが無いので、単なるヴァンツァー鑑賞モード。
5の闘技場もそんな感じでしたが、あっちは最後まで金欠だった記憶があるので5のほうが辛かったですね。


【まとめ】

聞き覚えのあるBGM、シンプルで忘れようもないシステム、懐かしいグラフィック……

 新しいものは無いけど故に楽しいという方向の佳作。予想以上でした。
このまま携帯機に収まっていれば今でも新作が……というのも考えましたが、最終的に「革命」の悪路を選んだのがこのシリーズなので仕方ないですね。SRPGのシステムで6作も出せばマンネリ化して当然だし。
 過去作を楽しんで遊んだ記憶と、フロントミッションを遊ぶ父親の後姿の記憶さえあれば、もう十分です。これだけの世界観を築いたシリーズなので、復活のチャンスがあるなら欲しいですが。


0 件のコメント:

コメントを投稿