2012年11月16日金曜日

サイレントヒルダウンプア プチ考察※ネタバレ注意

海外で発売されてから半年以上経っているのでもう一通り考察されているとは思いますが、プレイして何となく考えたことを書いておこうと思います。
当然ネタバレしていますので注意。


















要するに、ダウンプアの(メイン)キャラクターは2作目の換骨奪胎なのかなと思いました。

マーフィー=ジェイムス(罪の意識に苛まれる主人公)
チャーリー=メアリー
アン=ジェイムス(介護疲れの果てに怪物が見えた)
フランク=メアリー
スーエル=マリア(主人公を惑わす)
ブギーマン=ご存知、△様ことレッドピラミッドシング

 マーフィーとアンはどちらも似たような存在(ジェイムス)で、お互いスーエルに惑わされている。
マーフィーは「贖わなければいけないと思い込んでいる罪」と「贖うべき罪」の二つを抱えていて、前者は修道院裏世界でブギーマンを倒しチャーリーと会った時に終わったものの、後者はまだ終わっていない。
 アンの「街が終わらせろと言っている」というのはそういう事ではないでしょうか。
マーフィーはフランクのその後を知らなかった訳ですから、刑務所の世界はマーフィーだけじゃなくアンもデザイン(byヴィンセント)に関わっているのかも。

 マーフィーとアンは主人公とヒロインというより主人公と裏主人公の関係で、マーフィーがラスボスを倒してマーフィーのサイレントヒルを終わらせた後は、ストーリーはアンに引き継がれるのだと思います。
 ラストステージのマーフィーの姿はアンにとっての姿なので、ああいう展開になるわけです。
アンとプレイヤーにそう見えるだけで、マーフィーは、あの時でも自分の姿は自分のまま映っていたかと。

 そこでのアンの行動と直前のラスボスの行動には、牢を開けて囚人を象徴するクリーチャーを開放するという類似点が存在することも興味深いです。ラスボスにとってのそれは象徴的意味合いが強いと思いますが、アンにとっては「内なる憎悪の開放」という意味も含まれているのでしょう。
 実際、開放されたジャガーノート達はアンを攻撃しませんし。

 この説の一番象徴的なのがFエンディング、次点でBエンディングではないでしょうか。
特にBでは、裏主人公たるアンが2のマリア的存在であるスーエルと対峙する所で終わります。
そこで裏主人公のサイレントヒルも終わるのか、また続くのかは語られないので不明ですが……
 マーフィーとアンにとってのサイレントヒルが同時に終わったのがAエンディングで、C、Dエンディングはマーフィーに強制終了されたアンの話(ゲームオーバー)と言えるかも。


数少ないサブキャラクターも2を意識しているのかも知れません。


JP・セイター=アンジェラ

序盤に出会い、最後には何処かへ消える。「また会いましょう」とか言ってたし、大穴に何度も落ちても死なないメインキャラクターを考えると死んではいないと思います。自分の罪の意識と向き合うまで何度も繰り返すのでしょう。アンジェラも罪と向き合ったと言えるかは微妙でしたし。

リック=エディー

2のエディーは本来エディ・マーフィーみたいな明るいキャラクター設定(byサイレントヒルクロニクル)だったみたいですし、エクストラで読めるマーフィーによる人物評は「勇気がなかった」ですし……無理あるか?単にダウンプアオリジナルキャラなのかも知れないです。

修道女・男の子・女の子=ローラ

色々不明です。全員、主人公を真実に向けて引き合わせる存在?実在してない可能性?

修道女はマーフィーの贖罪意識の顕現、
男の子は 「息子を助けられなかった自分をチャーリーが責めている」というマーフィーの妄想、
女の子は車椅子に乗ったあいつと一緒にいるシーンがあることからアン説が有力みたいですね。
マーフィーにとって女の子に見えているだけで、実際は鋭い目線で銃を向けているのかも。
女の子が誘導する先に大抵クリーチャーが待ち構えているのも、悪戯心では済まない憎しみを感じます。

ネイピアは……一見エディーを想起させる風貌ですが、2に該当しそうなキャラクターはいないですね。


 大体こんな感じでしょうか。
リメイクでも日本未発売でもない久し振りのサイレントヒル、ゲーム自体の不満は数多くあれど、サブクエストや探索に集中出来る作りで、最終的には存分に楽しめました。
 しばらくは手放さずに取っておこうと思います。

 後、Book of Memories日本発売日決定おめでとうございます。
2013年2月14日……その時期は個人的に欲しいゲームラッシュなので厳しいですね……


 


0 件のコメント:

コメントを投稿