2014年12月30日火曜日

ゲームクリア感想44:アサシンクリード ローグ(PS3版)

 【過去シリーズの記事】
3
4 ブラックフラッグ
3 レディリバティ HD
ユニティ

2014年末にユニティとローグ、衝撃の同時期リリース(海外では発売日も同じ)。
もう腹を決めました。
ここまで来たらとことんまで付き合うしかないと……どんな終わり方でも見届けないと……
まさに沼……本編、DLC、アプリ諸々の定期的な配信で一年中浸からせる沼……

ダウンロード版。クリア時間は(寝落ちや放置を除けば)約20時間くらいです。


【良かった点】

  • 4の面白い点はそのまま
  前作の記事にある「良かった点」はそのままです。変化が無いとも言えますが、ユニティはシステムが一新していたので、ローグの方はこれで良かったと思います。
 あちこちで言っているのですが4は本当に良作。
 私がダウンロード版にしたのとそもそものボリュームの違いもありますが、ローディングも短めです(シリーズ内では)。

  • シナリオが面白い
シナリオ面だけで言うとユニティは物足りなかったのですが、今作はアメリカ大陸編の完結作だけあって、シリーズでも重要な展開が含まれていました(現代編含め)。
 あと名前だけ出ていたキャラクターが満を持して登場したり、「あのキャラクターは結局どうなった」という疑問に一部答えていたり、シリーズを追跡している人間にとっては嬉しい内容でした。何よりユニティには希薄だったスケール感が残っているのが良い。
 ロケーションも3と4の良い所をくっつけた感じで、若干の飽きはあるものの楽しめます。

  • 個人的に好ましいキャラクター
他のシリーズ作品とは異なり、カリスマ性溢れる史実の有名人の出番は殆ど無く、オリジナルキャラクター中心の展開ですが、それが新鮮だったかもしれません。
 主人公のシェイは前情報のイメージとは違った性格で、いい年して(褒め言葉)正義の判断について青臭く悩んで好感が持てました。
 アサシン時代の仲間も(一部除いて)親身で初代のマシャフやエツィオ時代のアジトを思い出しました。テンプル騎士時代の仲間もそれぞれ筋を通していて特に嫌なキャラクターはいなかったし。
 というか歴代主人公の中ではシェイが一番好きですね(次点でアルタイルやアヴリーン)

  •  フルシンクロの難易度が更に低下
フルシンクロがあるシリーズ作品の中では一番簡単かもしれません。
あと、私が3の頃から批判していた近づくと飛ぶ文書も捕まえやすくなりました。

  • 更にフレンドリーになった海戦
気のせいかもしれませんが、チャージが前作よりも当てやすくなったと思います。
MAXまで衝角をアップグレードするとかなり強力で頼もしいです。
 また、敵船に係留する際の解りやすく範囲が表示されたり、手配レベルが一定時間経つと(短い)リセットされたり、煩わしさは減りました。

  • 口笛の範囲が表示されるようになった
大体の範囲が可視化されることで敵を釣る時に若干便利に。

  • ロープダートが比較的序盤から使用可能
しかも今作では船上や樹上など有効活用できる局面が多いです。
戦闘でも便利ですが、一番有用だったのは狩りで、遠くから投げるだけで大半の動物は一撃です。これを知っているかどうかで狩りの難易度は一変すると思いました。

  • 敵から奪った武器を落とさなくなった
  ダッシュしたり高所から飛び降りてもしっかり掴んだままです(アサシンブレードで暗殺するときには落とすけど)
 僅かなアクションでパン屑のように拾った武器を落とす過去作は今思うと何だったのかと思います。あと敵から奪った武器にもちゃんと格好良い専用モーションがあるので、気分転換によく発動させています。

  •  使い勝手の良い新武器エアライフル
爆竹ダートで敵を一箇所におびき寄せ、集まった所にグレネードを放って一網打尽という戦略が成功すると気持ち良いです。

  • 久々にマルチプレイ無しでトロフィー全取得可能
2、レディリバティとオフラインで100%にできるシリーズ作はプラチナトロフィー取得済なので、今回も頑張りたいと思います。


【気になった点】

  • 演出面で物足りなさが残る
折角のテンプル騎士団視点なのに、敵はフランス兵かギャング(アサシンの配下)ばかりで、vsアサシンという展開は希薄でした。
 そもそも一般アサシンからしてトレードマークのフード衣装を着ているのはリーダー格だけで、一部の襲撃者除きモーションや反応も一般兵とほぼ同じです。
 4のように白フード軍団の目をかいくぐって攻略というのは期待できないです。
また幹部クラスとの対決も、案外あっさり終わってしまったり。

  • 本編のボリュームにも物足りなさが残る
ネタバレになるので言いませんが、あと2シークエンスは欲しかった。

  • 狩猟ミッションは不要
時間内に一定数の動物を狩るというサブミッションなのですが、作業感が強くて他の要素に比べると面白くないし、不要に感じました。そもそも3でも今作でも「無駄な殺生はするな」とチュートリアルで教えられた記憶があるのですが、その辺のシナリオとの整合性をあまり気にかけないのが昔のスタッフとの違いの様に思います。
 ゲームなので細かいことなんですけど…

  • ダート系アイテムが一個ずつしか制作できない
  2014年にもなって? 3の制作であれだけ批判されたのに?
敵や弾薬箱から漁った方が早いです。

  • 地形ハマりが相変わらず多い
特に岩場は鬼門。4ほどの広さではないのでこの辺は手堅く作って欲しかった。
あとは一回進行不能バグ(同行者が同士討ちを始めて進まない)があってリセットしました。


【まとめ】

テンプル騎士側の視点で進むシナリオやボリューム面や海戦に不安があるとは思いますが、シリーズで重要な謎が語られているのでシリーズファンは是非遊ぶべき内容ではないでしょうか。
難易度は全体的に低く、メインシナリオにおける海戦の頻度も少ないのでクリアできないということはあまり起きないと思います。

あとこれは気になった点に書こうかとも思いましたが、

パッケージ版じゃないとメンバーサイトのポイントが手に入らないのは早急に改善して欲しいです。

予約ポイントと合わせると60ポイントが泡と消えました。

それにしてもこの年末はユニティと合わせてアサシンクリード漬けでしたね。

0 件のコメント:

コメントを投稿