2014年4月27日日曜日

ゲームクリア感想32:アサシンクリード3 レディリバティ(HD)


 今作で家庭用ゲームで出ているアサシンクリードシリーズを全てプレイしたわけですが、相変わらず面白かったです。
 (考えてみると、PS3一台あればPSPのブラッドライン以外全作遊べるんですね)

 事前レビューが大不評の嵐だったのですが、率直な所なんでここまで叩かれるのか解らないです。確かに指摘されている欠点はその通りだと思うけど、ナンバリング作と操作もほとんど同じで、快適に遊べたし、ボリューム面で劣るのは元々携帯機だから仕方ない面もあるし……

 自分の中では良作ですね。

 プレイ時間は約18時間です。

【良かった点】

  • ローディングがシリーズで一番速い
10秒前後がデフォルトのこのシリーズですが、今作では4,5秒です。

  • 操作が軽快
  主人公は細身の女性アサシンなので、これまでの重量感あるガッチリ体型男主人公よりもかなりスピーディーに動いて見えます。そう見えるだけで実際の移動速度は同じくらいだろうけど、実際に動かすと男主人公の微妙なモッサリ感が無くて快適に感じます。
 あと、判定が若干緩くて、かなり離れた場所へもジャンプで飛び移れる気がします。


  • 店の扉を開けたら即買い物画面に移行
  これが地味に嬉しいです。3と4では店に入ると、扉からカウンターまで強制歩きモードになるのが(ほんの数歩だとしても)地味にストレスだったので、最新作からはリベレーションまでの露天形式かこれに戻してほしいでです。

  • フルシンクロもしやすく、それに伴いトロフィー取得も容易
そもそもフルシンクロ自体の難易度が低く、クリア後にやり直したシークエンスは6つくらいで済みました。このシステムが搭載されて以降初めて全シークエンスフルシンクロ達成しました。やった。
 マップもコンパクトなので収集アイテムも集めやすいです。

  •  金が溜まりやすい
宝箱からもかなりまとまった額が手に入る上、交易システムがシンプルで金策にはさほど困らないです。
 交易システムは、都市ごとに交易物の需要と供給が設定されており、例えば毛皮の供給がある都市Aで毛皮を購入し、その需要がある都市Bか都市Cのどちらかに船を送り売りつける、といったものです。都市Bの毛皮の買取額が500、都市Cのそれが800だとしたら、船を送り出すのはより利益の出る都市C…といった感じで繰り返します。
 こまめに行なっていれば、トロフィー取得に必要な高額アイテムもクリア前に揃えられます。

  • HD版だけあってグラフィックが綺麗
ブラザーフッドあたりと遜色ないです。

  • ドレスチェンジはそんなに悪くない
  衣装チェンジというとFFのアレを思い出しがちですが、暗殺者の理に適っているというか……特に萎える要素では無かったです。貴婦人の衣装での暗殺や戦闘はスタイリッシュ。


【気になった点】

  • カヌーの最悪な操作性
  こればかりは本当に酷いと思います。バイユーのマップなどではシークエンスで必要でない限り、ほとんど泳いで渡っていました。
 しかし危惧していたとおりカヌーを操作しないといけないシークエンスが登場し、そこだけ10回近くやり直しました。
 そこはカヌーの操作だけでも一苦労なのに、水の流れにカメラが追いつかず、LRスティック両方でカヌーとカメラを両方微調整しながら何とか切り抜けましたが、一番辛いのは地形に一度接触する度にダメージ判定があり、旋回して軌道修正しようとすると、その旋回の間の微妙な接触の度にゴリゴリゴリゴリと耐久度が減ってゆく始末。
 フルシンクロや収集物回収漏れで3回ほど再プレイしたので、今では慣れてしまいました。

 ただ、爆速発進するNPCのカヌーは面白かったです。

  • 相変わらず「人間の盾」が発動しにくい
4では改善されましたが、今作では3の時の発動しにくいシステムのままです。
敵が銃を構えたら、構えていない他の敵に接近して×ボタン、と説明されるのですが、この×はおそらく連打NGで、一回押しで確実に発動させるのに毎回苦労します。そこに慣れるのもゲームの内なんですけどね。最新作では判定が甘く(連打OK?)なったので良かったです。

  • このシリーズと自然環境は意外に相性が悪い説
バイユーマップは地形にハマりやすい上に、行ける場所と行けない場所の違いが解りにくい。これは自然物の多い3や4でも同じだったので、ゲームシステムとあまり相性が良くないのかなと感じます。
 その挙句空中遊泳しだしたり……

  • 一部の敵の連続攻撃ハメが凶悪
怯んでいる隙に次の連続攻撃を決められて、連続コンボ×3でシンクロ解除、という事がたまにあります。

  • イベントを飛ばせない
ゲーム内マニュアルを読んでも記載がなく、イベント中にあらゆるボタンを押してもスキップできないのですが、他のシリーズではスキップ出来るので自分が見落としているだけかも知れないと思っている内にクリアしました。
 そう何度もシークエンスをやり直すことはないですが……

  •  店でも交易システムが起動できるというアナウンスが欲しかった
ゲーム内マニュアルを良く読めば記載してあるのですが、キャラクターの台詞でも左上に出るガイドポップアップ?でも構わないので、何か一言欲しかった。
 このシリーズはこういう事がわりとあるので、ある程度の要素が出揃ってからでもマニュアルを読んでおくべきでしたね。


【まとめ】

 ボリュームで劣る分、本編には無い快適さがあって夢中になりました。
シナリオもシステムも3と4の中間といった出来で、3が今ひとつでシリーズを追いかける意欲が減退した人こそ遊んで、そのまま4に繋げばかなり評価が回復すると思います。
 PS3で手軽にダウンロード購入できるので、興味があるなら買っておいた方がいいと思います。

 詰むかも?という鬼門はカヌーの操作くらいで、戦闘などは(こまめに死体を漁って)煙幕さえ確保しておけばまず負けないです。








0 件のコメント:

コメントを投稿