2013年7月8日月曜日

ゲームクリア感想17:サモンナイト3(PSP版)

【とても良かった点】
  • ナップが可愛い。
かわいい。当然ナップエンディングを迎えました。
  • スバルが可愛い。
かわいい。
  • パナシェが可愛い。
かわいい。
  • アティ先生が可愛い。
かわいい。
  • アズリアが生真面目女軍人属性カッコ可愛い。 
生真面目女軍人カッコ可愛い。


 PSPのメモリースティックを買い換えてダウンロード版を購入しましたが、大正解でした。
ローディングは気にならないし、何よりPSPさえ持ち歩いていればいつでもナップに会えるというのが最高ですね。
 サモンナイトは初代の記事がファミ通に載っていた時に物凄く気になっていたのですが、当時(1999年頃)は新作ゲームを買える金銭的余裕もなく、泣く泣くスルー。
 そして、去年にPS Storeで初代と2作目が半額セール300円だった時に購入していざ初代を遊んでみたら、これがなかなか面白くて、やっぱりリアルタイムで追いかけたかったなと思わされました。
 2を飛ばしてこの3作目を始めてしまいましたが、初代と比べて随分と遊びやすくなってますね。

 因みにクリア時のメンバーはアティ・ナップ・カイル・ヤード・アルディラ・キュウマ・マルルゥ・ヴァルゼルドでした。なにげにマルルゥが強かったです。
 プレイ時間は約30時間、エンディングはアティ&ナップEDでした。

 やんちゃショタに"異性"として意識されるアティ先生……小さい男の子と女教師……島で二人……夜の浜辺……未来の話……


 【良かった点】
  •  キャラクターが可愛い。
男女種族問わず、PSPを握りながら悶絶死するレベルです。声優の演技も最高。
  • 早送り機能が充実している。
メッセージスキップに加え、戦闘時の移動早送り、召喚術のエフェクトスキップもあって快適。
  • 周回引き継ぎ機能がそこそこ充実している。
欲を言えばレベルや装備も引き継ぎたかったけど、それ以外は大体引き継げるので周回が気楽。
  • シナリオが面白い。
いかにもJRPGと揶揄されそうな内容だけど、JRPGでしか味わえない展開がふんだんに盛り込まれていて盛り上がりました。
  • セーブと中断が便利。
戦闘前の準備画面でセーブできるし、中断は他のゲームみたいに再開したら消えることもなく何度でもそこから再開可能なのは有難かったです。
  • 分岐クラスチェンジシステムなどの育成要素が多くて長く楽しめる。
  • ミニゲームが面白い。ハマる。
  • (初代と異なり)召喚獣を死なせてもペナルティが無くなった。


 【気になった点】
  •  戦闘があまりにも単調。
特に序盤の攻撃手段が少なく召喚術も揃っていない時が顕著で、ただ物理で集中攻撃するだけで眠くなりました。シナリオもまだ盛り上がらないし。
スキルや召喚術が揃って来る中盤からようやくそれなりに面白くなってくるのですが、単調さは相変わらず。
  • BGMの種類が少なすぎる。
戦闘の単調さを際立たせている主要因だと思うのですが、本編戦闘BGMの種類がラスボス戦含め3種類程度しかなく、盛り上がる激アツ展開から戦闘に突入しても、聴き飽きたBGMのイントロが流れだして「いやそこはもっと演出できるだろ……」と毎回思っていました。
 一番良い戦闘BGMが隠しダンジョンの曲なのも寂しいですね。
  •  ミニゲームが連続で再挑戦できない。
「もう一度やるか?」と聞いてくれるだけでいいのに……それだけなのに……
  • 召喚術のエフェクトに一部飛ばせないものがある。
発動メッセージと召喚術のエフェクトの間に表示される短い発動エフェクトがあるのですが、発動メッセージが表示されている間にスキップし損ねるとそれを飛ばせず、頻度の多さも相まって地味にストレスです。
  •  中盤になって序盤の仲間の強制戦闘がある。
もうスタメンを確立した段階でこれをやられると、実質戦力が一人欠けた状態で戦闘になるので……
  •  フリーバトルにほとんど変化がない。
稼ぎの単調さと戦闘の単調さと一種類しかないフリーバトルBGMの単調さが合わさって最高に眠くなります。育成のモチベーションが無いと厳しい。
  • 敵ターンが長い
意外と敵の数が多いので、頭数を減らさない内は見てるだけの時間が多く、どうせならファイ◯ーエ◯ブレム(◯には正確な字を入れよう)みたいなターンスキップも欲しかったです。
  • シリーズ伝統の
召喚総当り◯☓ゲームは作業でしか無いのでもう止めて欲しいです。
  • トレジャーボックスの報酬がつまらない。
レア装備とか貴重なアイテムなどは皆無で宝箱すら作業。

【まとめ】

 キャラクターが全てのゲームでした。

 SRPGの育成の楽しさはしっかり存在すると思うのですが、快適さとか戦略性で言うと他のSRPGに道を譲るな、という印象は今回も拭えませんでした。
 結局ゲーム性がピンと来ないので、お気に入りのキャラクターを育てて目的の会話やエンディングを見たら、もうそれで満足して特にコンプリート欲やりこみ欲も湧いてこないです。 

 以前「サモンナイトのキャラクターは好きだけどゲームとしては特に何とも思わない」的な発言を見かけたことがあるのですが、確かにそれはあるなと。
 今は2周目を始めましたが、また単調な戦闘が待ち受けているのかと思うと、キャラ別エンディングや育成のモチベーションだけでそれを乗り越えられるか不安です。

 焦らずとも、特に忘れて困るような難しい操作もないので、思い出した時にやるくらいで丁度いいですね。そういう意味でもダウンロード版にして正解でした。





 はぁ……ナップの正面絵マジ殺しに来てるというかもう死んでもいい。


0 件のコメント:

コメントを投稿